よくあるギモンに答えます。「電力自由化Q&A!」

電力自由化って何?

電力会社を企業や個人が自由に選べるようにするための一連の改革を指します。海外では家庭向けの自由化がすでにスタートしています。日本においても工場や大型商業施設はすでに電力会社を自由に選べます。2016年4月、ようやく一般家庭や小規模店舗も自由化される予定です。

電力自由化はなぜ必要なの?

規制緩和により既存の電力会社以外の参入を促し、選択肢を増やすことで電力会社間の競争を生み、電力の安定供給や、国際的にも高水準な電気料金の抑制を目指すためです。

東日本大震災後の電力の仕組み、制度への不安の高まりがきっかけとなり、一般家庭なども含めた全面的な自由化が実現されることになりました。

家庭向けの電力自由化は、いつからどんなふうに始まるの?

2016年4月から電力会社を切り替えることができる予定です。

その前段階として、2015年秋ごろから既存の電力会社・新規参入の電力会社(新電力)がサービスの内容を公表し始め、予約受付が開始される予定です。

自由化されたら、どんな会社から選べるの?

ガス会社・通信会社・住宅メーカーなどといった異業種からの電力販売事業への参入が検討されています。

既存の電力会社も新しいメニューを予定したり、他エリアへの進出を検討してます。

電力会社を変更することで、私たちにどんなメリットがあるの?

電気料金がいまより安くなるだけでなく、クリーンな電気の購入や電気の時間帯別使用状況の確認(見える化)といったこれまでにない新しいメニューやサービスが利用できるようになります。

たとえば、消費者のライフスタイルに合わせて時間帯別に料金が変わるメニューや、ガス・水道料金や電話・通信料金のセット割引など、多様な料金メニューの展開が期待されます。

環境に配慮したい方は、太陽光や風力といった発電方法による自然エネルギーを利用したり、節電を徹底したい方は、電気使用状況の見える化によって時間帯毎の使用量を把握して電気の無駄遣いを削減したりすることができます。

新電力が停電、倒産するリスクは?

新電力であっても既存の電力会社の設備を利用するので、停電リスクは原則変わりません。

万が一、発電量の不足など停電リスクが高まった場合や契約中の電力会社が倒産した場合も、地域間や電力会社間で電気を融通し合う体制が整えられているほか、様々なセーフティネットが設けられているため電気の供給が止まることはありません。

電力会社の契約や切り替えって面倒じゃないの?

Webや電話から手軽に申込みができるようになる予定です。
ただし、スマートメーターが設置されてない場合、メーターの交換作業が発生します。その際に15分程度停電します(※)。敷地内ですが屋外での作業のため、作業の立ち会いは必要ありませんが、家電の動作確認のための立ち会いをお勧めします。

メーターの交換費用はかかりません。

※東京電力と九州電力管内の一般家庭(電灯契約)では無停電で実施される予定です。

SOCIAL NETWORK

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

電気を選ぶ.jpとは?

「電気を選ぶ.jp」は、電力自由化の“いま”がわかる情報・ニュースメディアです。2016年に電力の小売りが全面自由化され、私たちの一般家庭でも、使う電気をどこから買うか選べるようになります。とはいえ、いったいどうやって選ぶのか。また日常生活にどのような影響があるのか。メリットは? 問題点は? と、気になる点も多いはず。本サイトでは、こうした電力自由化のギモンを様々な角度から読み解き、ご紹介していきます。

Powered by Ennet

電力は、選ぶ時代へ。 エネットの電気で経費削減 お見積り受付スタート!

このページの先頭へ