2015年3月16日(月)

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

東京メトロ、AOKI……「電力自由化」は、企業ですでに始まっていた!
あなたの街の「新電力」

文=高島知子 写真=村上悦子

お客さま視点での省エネ化とは?―AOKIの場合(2)

速水:電気の使用量をWEBサイト上で確認できる“見える化”ツールを、新電力各社が提供していると思いますが、どんなふうに活用されていますか?

小原:“見える化”ツールのおかげで、電気をどのように使っていけばいいか、とてもクリアになりました。ここから得た知見を電気の使い方マニュアルに落とし込んだりもしています。
店舗で電気を使用するのは照明と空調がほとんどなので、使用量のグラフが跳ね上がっていたらその時間に何が起きているか、容易に見当がつきます。電気使用量のピーク時間帯は、主に朝の開店時と、夏場は気温が上がる14時ごろ、そして夕方の外灯をつけるタイミングですね。

新電力が提供する、電気使用量の“見える化”ツール。
いつでもWEB上で、使用量を確認できる

速水:マニュアルに落とし込んでいるというのは、具体的にどういった内容ですか?

小原:事業者の場合、電気使用の絶対量ではなく年間を通じて最も多く電気を使った時間帯の電気量「ピーク電力」によって基本料金が決まってきます。だから、電気料金を抑えるためには、なるべく電気使用量が一気に跳ね上がる時間帯をなくすことが大事なんです。
朝の時間帯に、照明も空調も一度に電源を入れると、その時間帯がかなり跳ね上がってしまうことが“見える化”ツールによって分かりました。なので、段階的に電源を入れるように店舗マニュアルを更新したんです。既存の電力会社も、頼めば30分ごとの電気使用量を出してくれますが、今使っているツールのようにWEB上でいつでも見られるのは非常に便利で分かりやすいです。

速水:空調の設定温度ひとつとっても、使用する電気の量が変わってきますよね。これもマニュアルを見直したりされているんですか?

小原:そうですね、見直しは随時していますが、空調に関しては「設定温度」を決めてはいないんですよ。空調を同じ温度に設定しても、店舗の天井の高さや南向きか北向きかなどによって体感温度がまったく違います。ひとつの目安として、特に暑くなりやすい試着室が26℃以下になるように調整することにしています。
省エネ化も大事ですが、省エネ化はあくまでさらなるサービスにつなげるために行うもの。省エネ化のためにお客さまの快適さを損ねたら本末転倒ですよね。

試着室の入り口に温度計を設置。
夏場はこの温度計が26℃以下になるように調整

速水:あくまで顧客視点で、ということですね。最後に、新電力への今後の期待を教えていただけますか?

小原:都市部だけでなく、地方でも電力会社の選択肢が増えてほしいですね。環境保全の観点から、クリーンエネルギーの導入のトライアルもしているので、電源も含めて、選べるようになるといいと思います。

幅広い顧客層への商品をそろえた店内。
「新電力を含めて、今後もより効率的な電気の使い方を探りたい」と小原さん

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

編集部おすすめ記事

2015年3月11日(水)

2018年、私たちの家の「未来予想図」
~これが、Home Smart Homeです

電力会社を自由に選べるようになるのと同時に、インターネットを介した電気機器のコントロールが可能になりつつあります。つまり、スマートホンで家電を操作したり…

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

2015年2月9日(月)

よくあるギモンに答えます。
「電力自由化Q&A!」

2016年=電力自由化っていうけれど、電力自由化って一体なに?
よくある電力自由化にまつわるギモンに答えます。

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

2015年2月23日(月)

鎖国から開国へ!
風雲急を告げる「電力自由化」の歴史を読み解く

長らく大手電力10社による独占が続いていた電力の小売り事業。いよいよ2016年から始まろうとしている私たちの一般家庭や小規模店舗への「電力自由化」をきっかけに…

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

電力は、選ぶ時代へ。 エネットの電気で経費削減 お見積り受付スタート!

SOCIAL NETWORK

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

電気を選ぶ.jpとは?

「電気を選ぶ.jp」は、電力自由化の“いま”がわかる情報・ニュースメディアです。2016年に電力の小売りが全面自由化され、私たちの一般家庭でも、使う電気をどこから買うか選べるようになります。とはいえ、いったいどうやって選ぶのか。また日常生活にどのような影響があるのか。メリットは? 問題点は? と、気になる点も多いはず。本サイトでは、こうした電力自由化のギモンを様々な角度から読み解き、ご紹介していきます。

Powered by Ennet

このページの先頭へ