2015年3月16日(月)

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

東京メトロ、AOKI……「電力自由化」は、企業ですでに始まっていた!
あなたの街の「新電力」

文=高島知子 写真=村上悦子

都市部で進む新電力への切り替え―AOKIの場合(1)

<お答えいただいた方>
株式会社AOKIホールディングス 総務部 課長
小原寛司さん

速水:この時期だと、店内は就活生向けのスーツが増えてくるんですね。今、主流はグレーではなく黒なんですか?

小原:そうですね。まさに3月からがシーズンで、ここ数年は幅広いシーンで使えるということで黒が多いです。新入学・新入社を迎えるフレッシャーズには紺も人気が高いですね。

速水:改めて店内を拝見すると、黒、グレー、紺といった定番色でもいろいろなバリエーションがありますね。

小原:はい、だから照明はすごく重要なんですよ。微妙な光の違いで、服の色味が違って見えますから。5年ほど前、省エネ化の一環で既存店内の照明を段階的にLEDに切り替えましたが、そのときは実際に十数社の業者に店内でセッティングしてもらって、色の見え方を細かく比較して検討しました。1年越しのプロジェクトでしたね。省エネ化も大事ですが、お客さまに快適にお買い物をしていただくことが大前提なので。

AOKI 横浜港北総本店の店内。
新電力は、関東・関西の都市部を中心に導入されている

速水:たしかに、商品の見え方は重要ですね。AOKIさんだと、電気の使い道は主に店舗営業中の照明になりますか?

小原:照明と、空調です。通常使用量は6:4くらいで、夏場は冷房を効かせるので比率が逆転します。路面店が多いので、店内の照明だけでなく外灯の電気使用量も大きいですね。点灯している時間は短いんですが。

速水:いつ頃から、新電力を導入されているんですか?

小原:2007年、関西エリアから導入しました。最初は関東よりは店舗数が少ない関西エリアで試験的に切り替えて様子を見ましたが、トラブルなどはまったくなかったので、半年後に関東でも導入しました。

速水:AOKIさんは全国に店舗がありますが、関西・関東以外ではどのような状況でしょうか?

小原:いま、全国に550店舗以上ありますが、地方はまだ既存の電力会社との契約が中心になっています。やはり大きな決め手は電気料金なので、もう少し地方にも新電力が進出して料金の比較ができるようになれば、導入を検討すると思います。

店舗で使用する電気量の比率は、照明6に対し空調4。
夏場は比率が逆転する

速水:新電力の選定基準などはありますか?

小原:契約は1年ごとですが、だいたい切り替えると使用期間が数年単位になります。なので、使用期間の途中で「もう電気を供給できない」といったことが起きないようにと考えると、おのずとある程度の規模の大きい会社になりますね。
当社の売上全体に占める光熱費のコストは決して小さくはないので、会社として省エネ化や節電に対する意識は常にあります。バックヤードの不要な電気は切り、店内もお客さまの妨げにならないレベルで節電を工夫するなど、営業部と連携して本社や店舗での電気の使い方をマニュアル化し、各店舗へ波及させています。

(次ページ)お客さま視点での省エネ化とは?―AOKIの場合(2)

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

編集部おすすめ記事

2015年3月11日(水)

2018年、私たちの家の「未来予想図」
~これが、Home Smart Homeです

電力会社を自由に選べるようになるのと同時に、インターネットを介した電気機器のコントロールが可能になりつつあります。つまり、スマートホンで家電を操作したり…

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

2015年2月9日(月)

よくあるギモンに答えます。
「電力自由化Q&A!」

2016年=電力自由化っていうけれど、電力自由化って一体なに?
よくある電力自由化にまつわるギモンに答えます。

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

2015年2月23日(月)

鎖国から開国へ!
風雲急を告げる「電力自由化」の歴史を読み解く

長らく大手電力10社による独占が続いていた電力の小売り事業。いよいよ2016年から始まろうとしている私たちの一般家庭や小規模店舗への「電力自由化」をきっかけに…

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

電力は、選ぶ時代へ。 エネットの電気で経費削減 お見積り受付スタート!

SOCIAL NETWORK

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

電気を選ぶ.jpとは?

「電気を選ぶ.jp」は、電力自由化の“いま”がわかる情報・ニュースメディアです。2016年に電力の小売りが全面自由化され、私たちの一般家庭でも、使う電気をどこから買うか選べるようになります。とはいえ、いったいどうやって選ぶのか。また日常生活にどのような影響があるのか。メリットは? 問題点は? と、気になる点も多いはず。本サイトでは、こうした電力自由化のギモンを様々な角度から読み解き、ご紹介していきます。

Powered by Ennet

このページの先頭へ