2015年3月16日(月)

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

東京メトロ、AOKI……「電力自由化」は、企業ですでに始まっていた!
あなたの街の「新電力」

文=高島知子 写真=村上悦子

使用量が見えると意識が変わる―東京メトロの場合(2)

速水:路線ごとに管理されているから、「まずは銀座線から」といったことができるんですね。しかも非鉄道用から鉄道用へ段階的に導入されたのは、まずは安全性や信頼性を確かめてからという意図だったのですか?

松本:そうですね、やはり鉄道に何事かあってはいけないので。契約を切り替えても、送電線などの設備自体は既存のものを使うので、東京電力との連携や設備補修の部分の調整が可能か、など確認すべき点は多いと思います。
新電力もたくさんありますが、メトロに必要な電気量を安定的に供給できる会社は限られますね。今契約している会社は特にトラブルもなく、安定的に業務の運営ができています。

使用する電気は各変電所で管理するほか、
本社でも各変電所の状態をリアルタイムで確認できる端末で監視している

速水:新電力では、使った電気の量をWEBサイト上で確認できる“見える化”ツールを提供しているところが多いですが、どんなふうに活用されていますか?

松本:鉄道用の電気は、鉄道が移動するのに合わせて複数の変電所から電気を供給していますから、現時点ではツールの導入が難しいのですが、非鉄道用では使っています。随時、主に私が確認しているほか、事務所やビルの管理会社にも告知して、見られるようにしています。実際に電気使用量が見えると、やはり意識が変わりますね。

速水:先ほど、新車両の開発などのお話がありましたが、そのほかにも電気に対する取り組みはありますか?

松本:身近なところでは、車両内や駅構内の照明は随時LEDへ切り替えています。それから、電車がブレーキをかけたときに発生するエネルギーを回収して電力貯蔵装置に貯め、その電力を利用して停車した列車を救済するための予備電源を、停電時に備えて駅間に確保することなども進めています。
また、地上にある駅の屋根にソーラーパネルを設置して、太陽光発電を始めています。今後は東京電力と新電力、自社発電の電力の3つをうまく使っていく予定です。

東京メトロ本社玄関にある銀座線模型の前で。
新しい技術を積極的に取り入れる姿勢に速水さんも感心

速水:なるほど、かなり先進的な取り組みをされているんですね。では最後に、新電力に期待することを教えてください。

松本:震災以降、電気料金は値上がりする傾向があり、その原材料は為替相場などにも影響されます。なので、コスト面での調整に期待をかけています。

あとは、企業として環境負荷の軽減を考えると、CO2の削減も模索中です。ただ、太陽光や風力などのクリーンエネルギーは気象に左右されやすいので、効率よく発電できるLNG(天然ガス)や余熱を使う効率のいい火力発電と組み合わせてCO2の排出係数を低減して頂き、より良い形で新電力を活用したいですね。

(次ページ)都市部で進む新電力への切り替え―AOKIの場合(1)

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

編集部おすすめ記事

2015年3月11日(水)

2018年、私たちの家の「未来予想図」
~これが、Home Smart Homeです

電力会社を自由に選べるようになるのと同時に、インターネットを介した電気機器のコントロールが可能になりつつあります。つまり、スマートホンで家電を操作したり…

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

2015年2月9日(月)

よくあるギモンに答えます。
「電力自由化Q&A!」

2016年=電力自由化っていうけれど、電力自由化って一体なに?
よくある電力自由化にまつわるギモンに答えます。

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

2015年2月23日(月)

鎖国から開国へ!
風雲急を告げる「電力自由化」の歴史を読み解く

長らく大手電力10社による独占が続いていた電力の小売り事業。いよいよ2016年から始まろうとしている私たちの一般家庭や小規模店舗への「電力自由化」をきっかけに…

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

電力は、選ぶ時代へ。 エネットの電気で経費削減 お見積り受付スタート!

SOCIAL NETWORK

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

電気を選ぶ.jpとは?

「電気を選ぶ.jp」は、電力自由化の“いま”がわかる情報・ニュースメディアです。2016年に電力の小売りが全面自由化され、私たちの一般家庭でも、使う電気をどこから買うか選べるようになります。とはいえ、いったいどうやって選ぶのか。また日常生活にどのような影響があるのか。メリットは? 問題点は? と、気になる点も多いはず。本サイトでは、こうした電力自由化のギモンを様々な角度から読み解き、ご紹介していきます。

Powered by Ennet

このページの先頭へ