2015年3月16日(月)

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

東京メトロ、AOKI……「電力自由化」は、企業ですでに始まっていた!
あなたの街の「新電力」

文=高島知子 写真=村上悦子

私たちの一般家庭にとっては、まだ少し先の話。ですが、企業や施設などにはすでに「新電力」が導入されています。こうした現実を知ると、気になってくるのがその使い心地。
そこで、フリーライターの速水健朗さんが、新電力導入企業を訪問。都民の足、東京メトロさんと、紳士服、婦人服を取り扱うAOKIさんに、新電力を使ってみて実際どうなのか、あれこれ聞いてきました!

■インタビュアー
速水健朗/はやみず・けんろう。編集者・ライター。パソコン雑誌の編集を経て、2001年よりフリーランスとして、雑誌や書籍の企画、編集、執筆などを行う。主な分野は、メディア論、20世紀消費社会研究、都市論、ポピュラー音楽など。サッカー本大賞選考委員会。14年2月現在、主な連載として朝日新聞「売れてる本」欄担当。近著に『すべてのニュースは賞味期限切れである』(アスペクト・共著)。

鉄道会社で初めて新電力を導入―東京メトロの場合(1)

<お答えいただいた方>
東京地下鉄株式会社 鉄道本部 電気部 電力課 変電担当主任
松本篤さん

速水:東京メトロさんは、鉄道会社としては初めて新電力を導入された会社だと聞きました。けっこう前に切り替えられたんですか?

松本:そうですね、ちょうど10年前の2005年、本社ビルなどの建物で導入したのが最初の例になりました。鉄道用の導入については1年後の2006年に銀座線を新電力に切替えました。
鉄道会社には大きく分けて電車用の動力や駅の照明、空調などに使う「鉄道用」の電気と、本社ビルや商業施設などに使う「非鉄道用」の電気があって、契約も違うんですね。05年の段階ではまず、列車運行に支障のない「非鉄道用」で新電力会社と契約し、翌年に「鉄道用」にも導入しました。

現在、黄色い新車両に切り替え中の銀座線。
2005年に非鉄道用、翌年に鉄道用の新電力を導入した

速水:新電力を使うメリットは、どのようなところにありますか?

松本:いちばんのメリットは、コストが安いことです。企業としては当然、鉄道の安全運行を大前提として、常にコストの削減や省エネを考えています。東日本大震災以降は、一般の方の省エネ意識も高くなりましたが、そういったことも踏まえて、駅構内の省エネ化や、従来より少ない電気使用量で運行できる新車両の開発にも力を入れています。
とはいえ、車内の冷暖房設備の使用やホームドアの導入など、お客さまに対するサービス向上に努めた結果、電気使用量はむしろ増えています。

速水:そういえば昔、電車内は扇風機でしたよね。たしかに現在は、夏場は特に、車内はもちろん駅構内にも冷房がなかったら厳しいですね。

松本:そうなんです。だから昔は電車での電気の消費がほとんどでしたが、先ほどお話した新車両を投入することで電車の電気使用量を減らしてはいるものの、いまは電車と駅構内の電気使用量は6:4くらいになっているんですよ。という現状もあって、主に駅構内の電気使用量の削減と、電気料金自体を安くできるといいなと。その施策として、新電力を使っています。

今、駅構内では電気を使う場所が増えつつある。
こうしたデジタル広告もそのひとつ

速水:基本的なところからで何ですが……、電車って動いていますよね。どうやって電気を管理しているんですか?

松本:メトロで使う電気は、路線ごとに管理しています。電力会社から供給された電気は、銀座線なら銀座線用の複数の変電所で設備ごとに使用する電圧に分けて、それぞれの場所へ送られているんです。変電所はメトロが保有していて、9路線の分を足すと計62カ所あります。
契約は路線ごとで、契約電力も非常に大きいことから現在もすべてが新電力ではないんです。車両数や駅間の距離など、路線によって電気使用量が違うので、最低限必要な電気の量や導入検討のタイミングなどの関係で、いまだ、いくつかの路線だけで導入しているという状況です。

(次ページ)使用量が見えると意識が変わる―東京メトロの場合(2)

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

編集部おすすめ記事

2015年3月11日(水)

2018年、私たちの家の「未来予想図」
~これが、Home Smart Homeです

電力会社を自由に選べるようになるのと同時に、インターネットを介した電気機器のコントロールが可能になりつつあります。つまり、スマートホンで家電を操作したり…

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

2015年2月9日(月)

よくあるギモンに答えます。
「電力自由化Q&A!」

2016年=電力自由化っていうけれど、電力自由化って一体なに?
よくある電力自由化にまつわるギモンに答えます。

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

2015年2月23日(月)

鎖国から開国へ!
風雲急を告げる「電力自由化」の歴史を読み解く

長らく大手電力10社による独占が続いていた電力の小売り事業。いよいよ2016年から始まろうとしている私たちの一般家庭や小規模店舗への「電力自由化」をきっかけに…

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

電力は、選ぶ時代へ。 エネットの電気で経費削減 お見積り受付スタート!

SOCIAL NETWORK

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

電気を選ぶ.jpとは?

「電気を選ぶ.jp」は、電力自由化の“いま”がわかる情報・ニュースメディアです。2016年に電力の小売りが全面自由化され、私たちの一般家庭でも、使う電気をどこから買うか選べるようになります。とはいえ、いったいどうやって選ぶのか。また日常生活にどのような影響があるのか。メリットは? 問題点は? と、気になる点も多いはず。本サイトでは、こうした電力自由化のギモンを様々な角度から読み解き、ご紹介していきます。

Powered by Ennet

このページの先頭へ