• Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

配信元RBB TODAY

【新電力EXPO2015】
料金だけではない消費者からみた新電力のメリット

文=中尾真二 2015年2月3日(火) 07時00分

1月28日から30日に東京ビッグサイトで開催された「新電力EXPO」。29日には、スマートエナジー研究所ファウンダー・チーフコンサルタントを務める中村良道氏による「需要家サイドからの新電力サービス」と題したセミナーが行われた。

スマートエナジー研究所ファウンダー・チーフコンサルタント 中村良道氏

一般に電力事業の自由化によって需要家(一般世帯を含む電力の消費者)は、供給側の競争により安い電力会社(小売り会社)との契約が可能になると言われている。だが、中村氏は、「新電力サービスの意義やメリットはそれだけではない」とし、「新電力サービスは、イノベーションとリフレーミングによって、新しい社会、ビジネス、都市をデザインする」と説明を行った。

なかでも、デンマークは2050年までに化石燃料からの脱却を目指しており、CO2を削減しながらもGDPの成長も維持しているという。中村氏は、その施策のひとつとして、排熱を利用した地域暖房システムを挙げ、「デンマークでは、ごみ焼却場や火力発電所の排熱を利用して周辺地域の集中暖房を行っている。これによってエネルギーコスト、需用電力の削減を実現している」と解説した。

デンマークはCO2削減とGDP成長を両立させている

消費者と供給側の両者にメリットが生まれる

このようなアプローチに立てば、「エネルギーにまつわる社会問題もビジネスに転換することができる」(中村氏)とし、そのひとつが新電力サービスだという。新電力サービスによって需要家は、既存の送電インフラ(系統電力)からの電力に加え、太陽光など再生可能エネルギーも利用しやすくなる。加えて、燃料電池や蓄電池によって複数ソースの電力を効率よく安定的に利用することもできる。

需要家は複数ソースの電源を得る

需要家にこのような設備が整うと、ピーク時は蓄電池など貯めておいた電力を利用したり、別系統からの電力を使うことができる。これによって供給側は全体のピーク電力に対応する発電能力やリソースを持たずに済む。一般に平均電力消費量は、ピーク時の最大消費電力の20%程度と言われている。つまり、発電所はピーク電力に対応するため、80%もの余分な発電能力を維持しなければならない。この無駄の平準化が可能になり、供給側にもメリットがある。なお、電力供給の制御はスマートメーターや各種のセンサー網を利用し、クラウドにデータを集約して、需要予測、送電の切り替えを行う。

中村氏セミナー資料

社会のエネルギーにおいて、多様な電源を持てるようになれば、特定エネルギーへの依存度が低くなり、災害、経済情勢、国際情勢等のリスクヘッジ、エネルギーインフラの効率化による社会コストを減らし、ひいてはCO2削減にもつながる。新しい電源リソースに関しては、技術革新を起点とした新しい市場やビジネスを創出するとも言われている。

このような制御を可能にするには、発電事業の自由化に加え、送電網にも多様なエネルギーソースからの電力をやりとりできるようにする必要がある。現在は、電力の安定供給や停電対策など品質維持の面から、新しいエネルギーリソースの送電網への接続は制限されているが、2016年にはこれも緩和される予定だ。スマートグリッドや新電力サービスによる恩恵を、全国に一般家庭でも受けられるようになると期待されている。

配信元記事:http://www.rbbtoday.com/article/2015/02/03/127966.html

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

編集部おすすめ記事

2015年3月11日(水)

2018年、私たちの家の「未来予想図」
~これが、Home Smart Homeです

電力会社を自由に選べるようになるのと同時に、インターネットを介した電気機器のコントロールが可能になりつつあります。つまり、スマートホンで家電を操作したり…

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

2015年2月9日(月)

よくあるギモンに答えます。
「電力自由化Q&A!」

2016年=電力自由化っていうけれど、電力自由化って一体なに?
よくある電力自由化にまつわるギモンに答えます。

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

2015年2月23日(月)

鎖国から開国へ!
風雲急を告げる「電力自由化」の歴史を読み解く

長らく大手電力10社による独占が続いていた電力の小売り事業。いよいよ2016年から始まろうとしている私たちの一般家庭や小規模店舗への「電力自由化」をきっかけに…

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

電力は、選ぶ時代へ。 エネットの電気で経費削減 お見積り受付スタート!

SOCIAL NETWORK

  • Twitterでつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • Google+で共有(シェア)する
  • はてなブックマークで共有(シェア)する

電気を選ぶ.jpとは?

「電気を選ぶ.jp」は、電力自由化の“いま”がわかる情報・ニュースメディアです。2016年に電力の小売りが全面自由化され、私たちの一般家庭でも、使う電気をどこから買うか選べるようになります。とはいえ、いったいどうやって選ぶのか。また日常生活にどのような影響があるのか。メリットは? 問題点は? と、気になる点も多いはず。本サイトでは、こうした電力自由化のギモンを様々な角度から読み解き、ご紹介していきます。

Powered by Ennet

このページの先頭へ